妙宣寺について

 覚王山 妙宣寺といいます。山梨県の身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗のお寺です。

 妙宣寺は昔、和歌山県粉河村に法華経傳道の古刹としてありました。

 寛永年間(1624~44)の創立と伝えられていますが、荒廃のため記録が残っておらず、開基等は不明です。

 寛文7年(1677年)頼宣公の命により、徳川家の陽山御殿へ移りました。

 頼宣公の亡きあとは、陽山御殿は湊へ移りますが、妙宣寺はそのまま残りました、そのため衰微してしまいます。

それを嘆いた和歌浦養珠寺六世の称智院日禅上人が、正徳2年(1712年)五代藩主の吉宗公より、1300餘坪の土地を拝領し、現在の地に移転して再興しました。

 正徳2年に建てられた寄せ棟造りの本堂は、修理補修を繰り返しながら、現在に至っています。

 妙宣寺は霊験顕著な病即消滅のご守護神・魁星妙見さまと共に、「堀止の妙見さん」として人々の信仰を集めて今日に至っています。

 

 

 人は時に、誰もが悩み苦しみ、躓(つまず) いたりします。

 

そんな時こそ、私たちの心を 支えてくれるのが、み仏さまの慈悲です。

 

み仏さまに逢いに来ませんか。


年間行事

・1月 7日 午前10時より・・・初祈願祭

・3月23日 午前10時より・・・彼岸お施餓鬼法要

・5月18日 午前10時より・・・慈母観音大祭(水子供養)

・7月28日 午前中    ・・・きうりふうじ祈祷会

・8月18日 午前10時より・・・お盆お施餓鬼法要

・9月21日 午前6時~午後6時・ぢふうじ祈祷会

・11月7日 午前10時より・・・報恩お会式法要

毎月 7日 午前10時より・・・盛運祈願祭